“納屋衆”の読み方と例文
読み方割合
なやしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
町を見ますと綾町、絹町、錦町などには、大きな織屋がありますし、高台には、呂宋屋のお城みたいな別室があるし、浜には、納屋衆というお大尽のやしきや蔵がならんでいます。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
茶屋の本店はにあり、堺の納屋衆の一人であるが、多くは京都に住んで、加茂の清流に臨む閑雅な寮で、余生を楽しんでいる閑人かのように表面は見えるが、実は政治の中心地にあって
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)