“納屋蔵”の読み方と例文
読み方割合
なやぐら100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
島役所の納屋蔵は、さしずめ、彼の仮吟味所となった。郁次郎は毎日毎夜、東儀与力羅門塔十郎のふたりが交代になっての調べに、拷問され続けていたのである。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
二人のいるこの納屋蔵のまわりへ、急ぎ足にきた人足が止まって
鳴門秘帖:03 木曾の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
伊織は、広い土間と納屋蔵の露地を掃いていた。
宮本武蔵:08 円明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)