“羅門塔十郎”の読み方と例文
読み方割合
らもんとうじゅうろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「なあ、波越。なんだってこんな真夜半蝋人形張番をさせるのだろう。羅門塔十郎も時々、奇功にって、分らない指図をするぜ」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「拙者は、お奉行榊原主計殿のご懇望もだしがたく、若輩烏滸がましいとは存じながら、ご助勢に参った、羅門塔十郎と申しますもの」
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
東儀与力は、自分より若い羅門塔十郎が、そんな自由な境遇にあって、大名の信望までかち得ている身分をしいものに思った。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)