“婆羅門”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ばらもん67.9%
バラモン32.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こうして、十九世紀末から現代にかけて、ことに婆羅門アウルヤ派の手相学は、多くの信仰者を作って、昔の盛時にかえった観がある。
ヤトラカン・サミ博士の椅子 (新字新仮名) / 牧逸馬(著)
また『賢愚因縁経』十二に、舎衛国の婆羅門師質が子の有無を問うと六師はなしと答え、仏はあるべしという、喜んで仏と衆僧を供養す。
「明らかに悪手だな。兵書の説かざるところだよ。婆羅門の秘巻にも(手紙は一度二度目は殿御がお直々)といふ明文が見えてをる」
西東 (新字旧仮名) / 坂口安吾(著)
これ婆羅門、かくのごとくをなす。迦葉の曰く、『がもしるとき、神識出入す、傍人見しやいなや』なきなり
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)