通俗講義 霊魂不滅論つうぞくこうぎ れいこんふめつろん
余、さきに世間の俗論を退治せんと欲し、『破唯物論』と題する一書を著ししが、哲学専門の学者は、これを評して非科学的となし、あるいは空想憶断となすも、世間一般の人士は、その論なお高尚に過ぎて了解し難しとなす。余、ここにおいて、『破唯物論』より一 …
作品に特徴的な語句
ふかく この このかた きわまり おもむ わざ わかり たましい あらわ しろしめ さだめ 汚穢きたなき くすしく いき たず のたまわ こん つかさど しゅん つまびら しる まか おもえ こご おとろ のたま へい あら やぶ しょう どく おり しん いと おそ 衆生しゅうせい かな くつ ねん 明々めいめい めい したが まつり 休止くし へき 生々せいせい そく けがれ じゃく かぎり ゆう こん とど なきがら おお しゅう とど ばく 雀躍じゃくやく たっと じん しん えき 服従まつろ ほん 文子ぶんし さい 懵々ぼうぼう 蒼蠅あおばえ あなが かく はかりごと こお いわ りょう かぎ りん 穿鑿たずね しゅ そく めっ 生死しょうじ ぶん