“雀躍”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
こおどり37.0%
こおど33.3%
こをどり11.1%
じゃくやく10.4%
こをど5.2%
じやくやく2.2%
すずめおどり0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
それに軽い新しい麻裏草履をも穿いた。彼は足に力を入れて、往来の土を踏みしめ踏みしめ、雀躍しながら若い友達の方へ急いだ。
足袋 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
雀躍りをしたいような、そこらじゅうを無茶苦茶に馳けてみたいような、大地の上をごろごろ転げ𢌞りたいような気持を起させるのでした。
(新字新仮名) / ギ・ド・モーパッサン(著)
此咄を洩聞いて雀躍したは御園草四郎君だ。此男も大学出身の学士で今は大学院で研究してゐる。当人の咄では官費留学生の候補者ださうだ。
犬物語 (新字旧仮名) / 内田魯庵(著)
雀躍として京弥が供揃いの用意を整えて参りましたので、退屈男は直ちに駕籠を呉服橋の北町御番所めざして打たせることになりました。
しかも靈は恐れも搖ぎもせず、恰もしい肉體から獨立して、自由に行つたある一つの努力が成功したのを喜ぶかの如くに雀躍りしたのであつた。
愉快々々、世界一王樣だつて、此樣面白られるものでない。』と水兵雀躍した。日出雄少年猛狒死骸流盻やりて
「かね……また西洋の雀躍か、と思ったけ、まあ、え。」
草迷宮 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)