はか
一八八三年七月十七日、草木もねむる真夜なかの二時半のことである。ベジエ墓地のはずれに建っている小さなほったて小屋に寐起きをしている墓番は、台所のなかへ入れておいた飼犬がけたたましく吠えだしたので、その …
題名が同じ作品
(新字新仮名)宮本百合子 (著)
(新字新仮名)正岡子規 (著)
(新字旧仮名)正岡子規 (著)