“日出雄少年”の読み方と例文
読み方割合
ひでをせうねん100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
日出雄や、あのふにえるえておいでかえ。』と住馴れし子ープルス市街東南ゆるすと、日出雄少年
其處此處には救助むるたえ/″\にゆるのみ、浮標はで、日出雄少年をば右手にシカといてつた。
ふるに春枝夫人日出雄少年部室部室とは隣合つてつたので萬事いて都合からうとはるゝ。