“求”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
もと75.7%
10.4%
もとめ7.8%
きゅう1.7%
1.7%
もとむ0.9%
あさ0.9%
0.9%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あのるのは、かわいそうだ。」といって、大人たちにかって、同意め、このることに反対したでありましょう。
町はずれの空き地 (新字新仮名) / 小川未明(著)
すな真菰、真菰が中に菖蒲さく潮来の入江、はるばると我がめ来れば、そのかみの潮来の出嶋荒れ果てて今は冬なる。
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
保は枳園のに応じて、新聞社に紹介し、二、三篇の文章を社に交付して置いて、十二日にまた社用を帯びて遠江国浜松に往った。
渋江抽斎 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
、君子というものは、自分の本心を率直にいわないで、あれこれと言葉をかざるのをにくむものだ。私はこういうことを聞いたことがある。
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
その祖先は天富命が斎部の諸氏を従え、沃壌地き、遥に、東国の安房の地に拓務を図ったのに、加えられて、東国に来り住んだ。
富士 (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
今消極のてこれを防ぐにもせよ、積極の利をてこれをるにもせよ、旧藩地にて有力なる人物は必ずこれを心配することならん
旧藩情 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
手広い花屋は、近まはり近在をるだけでは間に合はない。其処で、房州、相模はもとより、甲州、信州、越後あたりまで——持主から山を何町歩と買ひしめて、片つ端から鎌を入れる。
玉川の草 (新字旧仮名) / 泉鏡花(著)
亦た其御祖命、哭きつつげば、見得て、即ち其木を拆きて、取出で活して、其に詔給わく、汝此処にあらば、遂に八十神に滅さえなんと詔給いて
比較神話学 (新字新仮名) / 高木敏雄(著)