“冉求”の読み方と例文
読み方割合
ぜんきゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
冉求曰く、子の道をばざるに非ず。力足らざればなりと。子曰く、力足らざる者は中道にして癈す、今れりと。——雍也篇——
論語物語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)
季子然問う、仲由と冉求とは大臣と謂うべきか。子曰く、吾子を以て異(他事)を問うならんといしが、で由と求とのことをしも問えるか。
孔子 (新字新仮名) / 和辻哲郎(著)
臧武仲の知、公綽の無欲、卞荘子の勇気、冉求の多芸をかね、更に礼楽をもつて磨きをかけたら、成人といってもいいだろう。」
現代訳論語 (新字新仮名) / 下村湖人(著)