論語物語ろんごものがたり
論語は「天の書」であると共に「地の書」である。孔子は一生こつこつと地上を歩きながら、天の言葉を語るようになった人である。天の言葉は語ったが、彼には神秘もなければ、奇蹟もなかった。いわば、地の声をもって天の言葉を語った人なのである。 彼の門人 …
作品に特徴的な語句
したが ほとり なんじ おく なんじ これ こと はな つつ みちび そう ここ おう たす おお みち うやまい とも かぎ けい なら まこと なず まさ きゅう しん かか ただ よろこ しょう たれ したが しん やまい がく こころ いず かたしろ とが われ へつら 退しりぞ おこ とも らい 疾病やまいへい 門外そと ほろぼ こた ゆう しょう こうべ 辯解いいわけ 朽木きゅうぼく ほこ れい はか しな むちう らん これ はず ちん むち つくえ 一簣ひともっこ くびす かた いま 佞者ねいしゃ くず ぞく うしな わか そこな しん いか