“粟”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
あわ74.3%
あは16.0%
ぞく6.9%
くり1.4%
たべもの0.7%
アワ0.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“粟”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語2.4%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)2.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.3%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
その音が寂寞せきばくを破ってざわざわと鳴ると、閭は髪の毛の根を締めつけられるように感じて、全身の肌にあわを生じた。
寒山拾得 (新字新仮名) / 森鴎外(著)
その辺になお血痕けっこん斑々はんはんとして、滴り落ちているかと疑われんばかり、はだあわの生ずるのを覚ゆる。
墓が呼んでいる (新字新仮名) / 橘外男(著)
ですから巣から余り遠くないところで、小さな虫を捕つたり、あはの穂を拾つたりして、少しづゝをあつめてをりました。
孝行鶉の話 (新字旧仮名) / 宮原晃一郎(著)
二日ふつか三日みつか貯蓄たくはへもあつたが、四日目よつかめから、あは一粒ひとつぶくちにしないで
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
この国家の大事に際しては、びょうたる滄海そうかいの一ぞく自家われ川島武男が一身の死活浮沈、なんぞ問うに足らんや。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
「僕は、成金ばらぞくむをいさぎよしとしないのです。ハヽヽヽ。」
真珠夫人 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
「全くほしいよ。あいつをはいてならくりのいがでも何でもこはくないぜ。」
蛙のゴム靴 (新字旧仮名) / 宮沢賢治(著)
あの花に味噌を着けたら食えぬことは有るまい、最後はそれだ、と腹の中でめながら、なお四辺を見て行くと、百姓家の小汚こぎたな孤屋こおくの背戸にしいまじりにくりだか何だか三四本えてる樹蔭こかげ
野道 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
翌日になって南は、たべものたんものを持って廷章の家へ往った。南はそうして少女の顔を待っていたが少女は出てこなかった。南は失望して帰ってきた。
竇氏 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
サアレ二君ニマミエ、私ヲ負イ名ヲ争ウテ、武門ノ果ヲ汚サンヨリハ祖先モアワレト見ソナワシ給ウベシ。ワガ子モ亦、コノ父ノ子ゾカシ。名ヲ惜ムトモ、サモシキアワ食ベルナ。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)