“粟野”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あわの66.7%
あはの33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのにふと振り返ると、校長の佐佐木中将を始め、武官では藤田大佐だの、文官では粟野教官だのは彼よりもろに歩いている。
文章 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
突然声をかけたのは首席教官の粟野さんである。粟野さんは五十を越しているであろう。色の黒い、近眼鏡をかけた、幾分猫背紳士である。
十円札 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
貴郎だ、其時丁度十二三の坊様が、長い刀を持ち出しなされて、ちやんの復讐に行くと言ひなさる、其れを今の粟野に御座る伯母御様が緊乎抱き留めておすかしなさる——イヤもう
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)
権作老人と立ち別れて篠田は、降り積む雪をギイ/\と鞋下に踏みつゝ、我が伯母のり住む粟野の谷へと急ぐ、氷の如き月は海の如きき空に浮びて、見渡す限り白銀を延べたるばかり
火の柱 (新字旧仮名) / 木下尚江(著)