十円札じゅうえんさつ
ある曇った初夏の朝、堀川保吉は悄然とプラットフォオムの石段を登って行った。と云っても格別大したことではない。彼はただズボンのポケットの底に六十何銭しか金のないことを不愉快に思っていたのである。 当時の堀川保吉はいつも金に困っていた。英吉利語 …
作品に特徴的な語句
塵埃ちりぼこ あら つい ゆき うし よそ 上下じょうげ まっと 出入しゅつにゅう 微笑びしょう さま 洒落しゃ あが らく せん すし 砂埃すなほこ ことわ おり そよ ぎく 黙示もくじ そそ くだ 下調したしら ごう 今日きょう ペエジ 仕入しい 光沢こうたく 難有ありがと 生来せいらい すさま 初夏しょか 町家ちょうか 明日あした ひん そと 象徴しょうちょう 手数てすう 小遣こづか 薄光うすひか ひさし べん のち いま おう じょう 脂光やにびか 溜飲りゅういん いま あふ 滑稽こっけい 滔々とうとう ただよ 煙草たばこ 爾来じらい 犬歯けんし 狼狽ろうばい 猫背ねこぜ 生憎あいにく 由来ゆらい 痘痕あばた 痛痒つうよう 白壁しらかべ 白茶しらちゃ そう 相槌あいづち 眉間みけん 禿 窮乏きゅうぼう 窮民きゅうみん 粟野あわの 糊口ここう まぎ 紳士しんし こん 羅甸ラテン 翌日よくじつ ふけ ひざ へだ くび すこぶ なび 青芒あおすすき ふる 雨交あめまじ 間代まだい 長谷はせ ひたい けみ