“羅甸”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ラテン91.3%
らてん8.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
新村氏は希臘語や、羅甸語や、和蘭語や、そしてやくざな日本語が福神漬のやうに一杯詰つてゐる頭へ手を当てがつてじつと考へた。
「父よ、も人の子なり——」と法水は、その一行の羅甸文字を邦訳して口誦んだが、異様な発見はなおも続けられた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
やがてナブルスに着き、羅甸派の精舎宿す。総じてパレンスタインの僧舎は、紹介状だに持参せば、旅客を泊むる仕組にて、此処にも幾個の客床を設けあり、食堂もはる。
はた羅甸波爾杜瓦爾らのつづり青なる仮名
邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)