馬上三日の記ばじょうみっかのきエルサレムよりナザレへ
車上 六月四日、エルサレムを立ち、サマリヤを経てガリラヤに赴かんとす。十字架よりナザレの大工場へ、即ち四福音を逆に読むなり。 エル・ビレエにてエルサレムに最後の告別をなし、馬車はいよ/\北へ走る。車中には案内者一名載せたり。名はフィリップ・ …
作品に特徴的な語句
きは 分明ふんみやう こう ちと うべ 希臘ぐりーき 皮剥 サンダル 供物そなへもの かたはら 湿うるほ うしろ しも 向山むかふやま 囲繞ゐねう たい かゝ やゝ ゐど 伯仲はくちゆう はた のんど 四方しはう 四時しゞ むくい 宿しゆく 左右さう たひら うたがひ やう ことば とほ くら 一堆いつたい 伴侶とも かゝ こら 古寺こじ 基督きりすと 婦人をんな かく 山路やまぢ おろか なゝめ 昼食ちうじき 毛布けつと ぎう 目下もくか 矗立ちくりつ 石鹸しやぼん あをい かはづ きう かみ くだ 光栄ほまれ いや 吾心わがむね フイート 咽喉のんど こく 地味ちみ さかひ ゆふべ おびたゞ 山下さんか 山背さんはい 急坂きふはん いくさ ゆびさ おしおと きら 椶櫚しゆろ 此処こゝ せん 水涸 永遠とこしへ たゝ 独逸どいつ なほ かめ 田園はた くろ くら 穹窿きゆうりゆう 穿うが 精舎しやうじや 約翰よはね 羅甸らてん 胡瓜きうり 草地くさぢ