“白茶”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
しらちゃ63.2%
しらちや26.3%
しろちゃ5.3%
しろちや5.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その右を少しだらだらと降りたところがに土を掘返したごとく白茶けて見える。不思議な事にはところどころが黒ずんで色が変っている。
満韓ところどころ (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
落葉し尽した木立の間から石と泥とを混ぜた家家白茶けた壁に真赤蔦紅葉つて居るのはとでも月並ら云ひたい景色であつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
私の背後からは麦稈帽に金と黒とのリボンをひらひらさして、白茶の背広に濃い花色のネクタイを結んだ、やっと五歳と四ヶ月の幼年紳士がとてもよく口をへの字に引きめて
木曾川 (新字新仮名) / 北原白秋(著)
この白茶博多の帯は幼いわたしが締めた物である。わたしは脾弱い子供だつた。同時に又早熟な子供だつた。わたしの記憶には色の黒い童女の顔が浮んで来る。
わが散文詩 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)