“薄光”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
うすあかり50.0%
うすひか16.7%
うすひかり16.7%
はっこう16.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“薄光”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
主人あるじは便所の窓を明けたが、外面そとは雨でも月があるから薄光うすあかりでそこらがおぼろに見える。
郊外 (新字新仮名) / 国木田独歩(著)
枕頭まくらもとの障子には、わづかに水を撒いた許りの薄光うすあかりが、声もなく動いて居る。
葬列 (新字旧仮名) / 石川啄木(著)
曇天どんてんにこぞった若葉のこずえ、その向うに続いた鼠色の校舎、そのまた向うに薄光うすひかった入江、——何もかもどこか汗ばんだ、ものい静かさに沈んでいる。
十円札 (新字新仮名) / 芥川竜之介(著)
枕頭まくらもとの障子には、わづかに水をいた許りの薄光うすひかりが聲もなく動いて居る。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
闘間とうかんにお艶を失った彼は、風雨のなかを御用提灯に追われ追われて対岸へ漕ぎつき、上陸あがるとすぐ泰軒とも別れて腰の坤竜丸こんりゅうまるを守って街路に朝を待ったが……あかつきの薄光はっこうとともに心に浮かんだのが、この千住竹の塚に住むお兼母子のことであった。
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)