葬列そうれつ
久し振で帰つて見ると、嘗ては『眠れる都会』などと時々土地の新聞に罵られた盛岡も、五年以前とは余程その趣を変へて居る。先づ驚かれたのは、昔自分の寄寓して居た姉の家の、今裕福らしい魚屋の店と変つて、恰度自分の机を置いた辺と思はれるところへ、吊さ …
作品に特徴的な語句
エツ くらめ シタ ホン 偶然ひよつこり つや かづ 御前おめあ かぐ だん こん 大変テエヘン はん ゑま 耀かがやき かうべ うつす ふくよ 尖端とがり うち かし オヤ 可笑をかしい いい 饒舌おしやべり ちと どう みづか 狂人ばか 漸々やうやう たて 強飯こはいひ 寂然じやくねん 如上によじやう とこし 出会でつくは 喫驚きつきやう には 矢張やつぱり 一滴ひとつ よご 理由いはれ 玉菜キヤベーヂ さう 不要むだ そそ 面白オモシエ 静寂しづけさ 昨日キノナ 薄笑うすらわらひ くわう 怪訝くわいが 寂然ひつそり こは 金銭ぜに いが とほざ 帰路かへり 確然すつかり 稚心をさなごころ そつ ぬき ばく わた 茅葺ちがや ちぎ むす かう ばかり 彼様ああ 平生ひごろ いはほ 屋後をくご 小妹せうまい そら かつ 一切すべて には 不可いかん 全体みんな そこな もと 本町ほんちやう さと 差閊さしつかへ せな 此上こよ 中有ちう こら
題名が同じ作品
葬列 (旧字旧仮名)石川啄木 (著)