文章ぶんしょう
「堀川さん。弔辞を一つ作ってくれませんか?土曜日に本多少佐の葬式がある、——その時に校長の読まれるのですが、……」 藤田大佐は食堂を出しなにこう保吉へ話しかけた。堀川保吉はこの学校の生徒に英吉利語の訳読を教えている。が、授業の合い間には弔辞 …
作品に特徴的な語句
おろ さが うし しも 微笑びしょう とど がわ 手巾はんけち つっ そう つらな くだ きずつ 兄弟けいてい ゆう 寝棺ねがん たっと のち いま がら まば しら 白雲はくうん すぐ やに あいだ 高免こうめん 一役ひとやく 一笑いっしょう 一足ひとあし 七日なぬか 上人しょうにん 不慮ふりょ うち ぬし 乃至ないし 二月ふたつき わた ほの 今日こんにち 会釈えしゃく たたず 住吉すみよし 余裕よゆう 保吉やすきち 俯向うつむ きざ まえ 匇々そうそう 叙任じょにん 口髭くちひげ 咳払せきばら 哀悼あいとう くわ 器量きりょう うず 堕落だらく 場末ばすえ 声高こわだか 外套がいとう 大悟たいご 大股おおまた しり うま 常談じょうだん ひら 庫裡くり 廊下ろうか 弔辞ちょうじ 後塵こうじん 御前ごぜん 急焉きゅうえん 悄然しょうぜん さと 愛敬あいきょう 慓悍ひょうかん 所以ゆえん 所化しょけ ドア 手間てま 抛擲ほうてき 推敲すいこう ふる たずさ 新内しんない 明神みょうじん 時事じじ 木戸きど