“廊下”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
ろうか66.2%
らうか30.1%
プラツトフオーム1.5%
ギャラリー0.8%
コリダア0.8%
ベランダ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ると、生徒らは、って廊下からへとかけしました。そのとき、一は、先生教員室へいかれるったのです。
僕が大きくなるまで (新字新仮名) / 小川未明(著)
しるべの燈火かげゆれて、廊下ろしきをれし我家ともはず、侍女下婢最中さま書生部屋へとおはしぬ。
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
三人は人数の少いだけ御利益も多からうと、胸をわく/\させてゐると、程なく汽車は夜通し駆け廻つてけきつた身体廊下へ横たへた。
彼女は三階へ上って廊下を曲がり、戸に白墨で『裁縫職カペルナウモフ』と書いてある九号室のベルを鳴らした。『おや!』と見知らぬ紳士は不思議な符合に驚いて、またくり返した。
……中央アルプスを思い切って南下する大平街道は、木曾と伊那とが有機的につながりを持つ唯一の廊下だ。飯田からこの廊下伝いに行くと、一脈の藍流が街道に沿うて走っているのを発見する。
二つの松川 (新字新仮名) / 細井吉造(著)
彼はこう云って、隔たった山の一角の、白堊の洋館の廊下を指しました。
金色の死 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)