“火灯窓”の読み方と例文
読み方割合
かとうまど100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
例えばなるべく曲線を避けようとする傾向がある。「いき」な建築として円形の室または円天井を想像することはできない。「いき」な建築は火灯窓木瓜窓の曲線を好まない。
「いき」の構造 (新字新仮名) / 九鬼周造(著)