“灯火”のいろいろな読み方と例文
旧字:燈火
読み方割合
ともしび45.6%
あかり43.6%
とうか4.0%
ともし2.0%
1.3%
ひかり1.3%
あかし0.7%
とうくわ0.7%
とぼしび0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
見渡す限りはるばるとした平原の彼方に三つ四つ点々と瞬いてゐる村里の灯火の中に、やがて彼等の羽ばたきは消へ込んでしまつた。
バラルダ物語 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
だがもうそれは八時すぎ、丁度番組の第一の「秋の」の切れたところで、場内の灯火のいろがなぜか暗く疲れ切つた感じでした。
井上正夫におくる手紙 (新字旧仮名) / 久保田万太郎(著)
訓練された七名の警官は、まるで霧のように静かにりこみました。階下の廊下は灯火の光に夢のように照らし出されています。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)
彼は、毎日のように、近所の海角に出て、鰤を釣った。彼は、その魚から油を取って、灯火の油にしようと考えたのである。
俊寛 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
……暗夜に露地を歩く者は、家の雨戸の隙間から、一筋洩れる灯火の光、そういうわずかな光明にさえ、うんと喜悦を感ずるものだ。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
赤黒い灯火を宿させて、間柄助次郎の手にあまったら、ほんとうに、即座に斬り伏せようという気勢——もはや、けって悪謔をほしいままにしようなぞという、いたずら気は毛頭なかった。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
そもじの手は、もう動きませぬか、この白い、美しい臥床を選んで、いまこそ、そもじとは(八字削除)、フローラ、私はこの手で、そもじの灯火を消すまいと、腕を回しているなれど……
紅毛傾城 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
灯火のつきはじめるころ、銀座尾張町の四辻で電車をると、夕方の澄みわたつた空は、真直な広い道路に遮られるものがないので、時々まんまるな月が見渡す建物の上に、少し黄ばんだ色をして
町中の月 (新字旧仮名) / 永井荷風(著)
日の暮を悲しむ心は後悔と絶望のに似通っている。すっかり暮れ果ててしまった後、月の光、もしくは灯火のもとに、どうやら落ちつく心持は「あきらめ」の静けさに似通っている。
冬日の窓 (新字新仮名) / 永井荷風(著)