“ひかり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
67.4%
光明5.1%
光線3.5%
3.5%
陽光2.9%
日光2.2%
火光1.8%
燈火1.3%
光芒0.9%
光輝0.9%
耀0.9%
0.9%
燈光0.7%
光彩0.7%
栄光0.4%
0.4%
光沢0.4%
月光0.4%
灯火0.4%
照光0.4%
閃光0.4%
餘光0.4%
余光0.2%
光炯0.2%
光烱0.2%
光茫0.2%
光華0.2%
光野0.2%
反射0.2%
外光0.2%
実光0.2%
微光0.2%
慈光0.2%
斜光0.2%
明光0.2%
曙光0.2%
0.2%
燦光0.2%
0.2%
陽線0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
すると其時夕刊紙面ちてゐた外光が、突然電燈つて、何欄かの活字意外んでた。
蜜柑 (旧字旧仮名) / 芥川竜之介(著)
体内に灯された処女の生命が、一、一笑、一挙手、一投足に、恐ろしいばかりの光明になって、その五体から発散するのです。
不思議なほど濃紫晴上った大和の空、晩春四月の薄紅の華やかな絵のな太陽は、ら陽気にふるえる様に暖かく黄味光線注落とす。
菜の花物語 (新字新仮名) / 児玉花外(著)
私は、妻の肩に腕をのせて、車がしげしげと曲る毎に、冬子の、白い顔にがフラツシユするさまを、うつとりと眺めてゐた。
波の戯れ (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
その間からアセチリン瓦斯がぶくぶくと泡を噴いた。泡は真夏の烈しい陽光の中できらきらと光ったりしては消えた。
街底の熔鉱炉 (新字新仮名) / 佐左木俊郎(著)
今は其を日光の中に経験する。種々な恐しい顔、嘲り笑ふ声——およそ人種の憎悪といふことを表したものは、右からも、左からも、丑松の身を囲繞いた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
一人の老人がうずくまっていた。一人の小男が種子ヶ島で、その老人を狙っていた。石壁から火光が射していた。
名人地獄 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
水がピチャピチャと石段を洗い、小波をウネウネと立てている。石段の左右にある。青白い燈火が射しいる。
神秘昆虫館 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
と思うと、今度は右手の沖合へ、仄明くサーチライトの光芒をひらめかして、大きく円を描きながら消え去って行った。
動かぬ鯨群 (新字新仮名) / 大阪圭吉(著)
壁には、象を料理するのじゃないかと思うほどの大鉞大鋸、さては小さい青竜刀ほどもある肉切庖丁などが、燦爛たる光輝を放って掛っていた。
爬虫館事件 (新字新仮名) / 海野十三(著)
人々の希望が日を逐うての如く高まると共に、上飯台の連中や幹部連の凄惨な顔色は弥々深くなる。只でも油断のない眼は耀を増し、耳は益々尖って来る。
監獄部屋 (新字新仮名) / 羽志主水(著)
太子は、推古天皇の三十年に薨去されたが、天皇をはじめ奉り、全国民に至るまで「日月を失ひ、天地既に崩れぬべし」
二千六百年史抄 (新字旧仮名) / 菊池寛(著)
んど闇黒全體まれてつたが、一念いて幾分神經くなつたか、それとも闇黒れたか、じて燈光主體途端
話が途断れると、屋根の上をコト/\と鴉の歩き廻る音がする……由三はのやうな光彩すらない生涯を思浮べながら、フト横に轉がツた。
昔の女 (旧字旧仮名) / 三島霜川(著)
彼は虹のの中に坐してうたいながら、太陽のようにまぶしく輝く栄光を織っていた。
最後の晩餐 (新字新仮名) / フィオナ・マクラウド(著)
ゆふべのをさまりて
北村透谷詩集 (旧字旧仮名) / 北村透谷(著)
その皮膚は素焼の陶器のように、全く光沢を失って、物凄い、冷たい眼の光りばかりがハタハタと女を射た……。
暗黒公使 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
月光の中へ出て、いよいよ白く見える老人の白髪は、そこへ雪が積もっているかのようであり、洋犬のように長い顔も、白く紙のようであった。顔の一所に黒い斑点が出来ていた。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
其は深い焦茶色で、雲端ばかり黄に光り輝くのであつた。帯のやうな水蒸気の群も幾条か其上に懸つた。あゝ、日没だ。蕭条とした両岸の風物はすべての夕暮の照光と空気とに包まれて了つた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
帳塲女主もかけして唯今がたうと同音御禮んでいたしとて此處からしてせば、家中しておまするの愛想御祝儀餘光としられて
にごりえ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
頼んで置いた車がしとて此処からして乗り出せば、家中表へ送り出してお出を待まするの愛想、御祝義の余光としられて、には力ちやん大明神様これにも有がたうの御礼山々。
にごりえ (新字旧仮名) / 樋口一葉(著)
光烱照りそふ水けぶり
若菜集 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
五郎蔵は、むしろ唖然とした眼付きで、春陽を受けた剣が、虹のような光茫を、刀身の周囲に作って、卯の花のように白い薪左衛門の頭上に、振り冠られているのを見上げたが
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
何もかも——を帯びた金色の仏壇、生気の無い造花、人の空想を誘ふやうな天界女人の壁にかれた形像、すべてそれらのものは過去つた時代の光華衰頽とを語るのであつた。
破戒 (新字旧仮名) / 島崎藤村(著)
藤吉もわれ知らず起って、炉の火の投げる光野のなかへ、はいって来ていた。
しかし明るい戸口の外光背負って立っている男が、染八でもなく喜代三でもなく、武士だったので、乾児たちは一度に口をんでしまった。
血曼陀羅紙帳武士 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
「この一身に、念仏門の実相を具現いたすために。——また、この身をも、念仏門の実光に救われたいがためにです」と、全身すべて信念のりのように構えて、そう答えた。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
柔き微光に かすかなる息吹ひぬ
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
この御堂が、の生きた、伽藍であるならば、此堂をめぐって、造営に働く人たちも、いつか必ず仏縁のご庇護によって、精神のうちに、弥陀慈光をうけねばならぬはずと存じます。
親鸞 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
それは、いたずらに肉体を苦しめるのみで、そこにはなんら解脱の曙光は見出されなかったのです。ここにおいてか、最後の釈尊の到達した天地は、実に自我への鋭き反省でした。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
皆な二階に集つてゐたので、蔵前の雛段の前には人影がなく、徒らに雪洞のが明るいだけだつた。
熱い風 (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
ようやく悪夢から解放されたような気持になって、の礼拝堂に戻ると、そこには再び、装飾灯燦光が散っていた。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
船尾ると、此處人影で、洗淨つて、幾分水氣びて甲板には、一段冴渡つてる。
炭町、具足町の家々のの朱いろの矢のように陽線が躍り染めて、冬の朝靄のなかに白く呼吸づく江戸の騒音が、聞こえ出していた。