菜の花物語なのはなものがたり
大和めぐりとは畿内では名高い名所廻りなのだ。吉野の花の盛りの頃を人は説くが、私は黄な菜の花が殆んど広い大和国中を彩色する様な、落花後の期を愛するのである、で私が大和めぐりを為たのも丁度この菜の花の頃で …
作品に特徴的な語句
凄味すごみ 浅黄あさぎ 亢奮こうふん さて 花簪はなかんざし 悔悟かいご 見詰みつめ 白雲しらくも 行手ゆくて 薄紅うすべに 人力車じんりき 僅少わずか なわて 被布おおい 夜具やぐ 黙々もくもく こと ぐん 睡眠ねむり 西南にしみなみ おさ 盲人めくら 眼付めつき 芬々ぷんぷん 幻影まぼろし 濃紫こむらさき 光線ひかり 人夫にんぷ 附近ちかく 早々そうそう 大阪おおさか 半町はんちょう 角形かくがた 立佇たちどま 芽出度めでた 彩色さいしき 蓮華草れんげそう 通越とおりこ 嫁入よめいり 吉野よしの 京都きょうと 長櫃ながもち 釣上つりあが 黄味きみ すご 両掛りょうがけ 哀情あいじょう 晴上はれあが 沈々ちんちん 飛交とびこ 鳴音なくね 商家あきゅうど 何町なんちょう 真黄まっきい 関西かんさい 御幣担ごへいかつ 狂熱きょうねつ 紋附羽織もんつきばおり 薄気味悪 嚥脂べに 女買おんながい 日在 眠不足ねむりふそく