“嚥脂”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
えんじ50.0%
べに50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その隙間から、何か嚥脂色のものが、チラチラ見えている。確かに洋服の布地だ。人形が菊の衣の下に、御叮嚀に洋服を着ているというのは変である。
吸血鬼 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
少し大きい唇にさした嚥脂の、これもどい色の今は怖ろしいよう、そして釣目は遠い白雲を一直線に眺めている。
菜の花物語 (新字新仮名) / 児玉花外(著)