吸血鬼きゅうけつき
この物語の主人公は、彼のバルカン地方の伝説『吸血鬼』にも比すべき、人界の悪魔である。 一度埋葬された死人が鬼と化して、夜な夜な墓場をさまよい出で、人家に忍び入って、睡眠中の人間の生血を吸い取り、不可思 …
作品に特徴的な語句
敵愾心てきがいしん 矢庭やにわ 凄味すごみ 気儘きまま 天秤てんびん 断乎だんこ えくぼ 音沙汰おとさた 合槌あいづち 小倉おぐら 薄縁うすべり 喊声かんせい 章魚たこ 請合うけあい 武蔵野むさしの 香華こうげ 友禅ゆうぜん 幸先さいさき 不躾ぶしつけ 喘息ぜんそく 湯治とうじ 威丈高いたけだか 山車だし 生血いきち 真逆様まっさかさま 非業ひごう 逆立さかだ 齟齬そご 窮屈きゅうくつ 花弁はなびら 水嵩みずかさ 読経どきょう 伝手つて 欺瞞ぎまん 目論もくろん 猶更なおさら 山内さんない 幽邃ゆうすい 見世物みせもの 粗相そそう 昏迷こんめい 悠長ゆうちょう 申訳もうしわけ 図星ずぼし 女形おやま 好々爺こうこうや 森閑しんかん あがな 見廻みまわ りん 口上こうじょう 可哀相かわいそう 怨霊おんりょう 惨澹さんたん 直様すぐさま 尚更なおさら 鉄扉てっぴ 丹塗にぬり 得々とくとく 細引ほそびき 石塊いしころ かし 伊達巻だてまき 屈強くっきょう 真青まっさお 継子ままこ 駄々だだ 詫言わびごと 風丰ふうぼう 皮膚ひふ 塑像そぞう 面妖めんよう 行儀ぎょうぎ 牢獄ろうごく 蓬々ぼうぼう 巣窟そうくつ 鵞鳥がちょう 深川ふかがわ 立所たちどころ 罪人ざいにん 現場げんじょう 絨氈じゅうたん 唯事ただごと 委細いさい 夫々それぞれ 浜町はまちょう 目出度めでた 恥辱ちじょく 奮発ふんぱつ 末梢まっしょう 慈悲じひ 平蜘蛛ひらくも 美々びび 一刹那いつせつな 大怪我おおけが きく 間々まま 風車かざぐるま 瀑布ばくふ 眼路めじ