吸血鬼きゅうけつき
この物語の主人公は、彼のバルカン地方の伝説『吸血鬼』にも比すべき、人界の悪魔である。 一度埋葬された死人が鬼と化して、夜な夜な墓場をさまよい出で、人家に忍び入って、睡眠中の人間の生血を吸い取り、不可思議な死後の生活を続ける場合がある。これが …
作品に特徴的な語句
ひそん かっ ぜん うつろ いき しょう 斜向ななめむこ きっ かく きょく しい あわた かた ふさ さい じょう ただち つけ ふし かたわ じゅう かかえ しん じょう おぼえ うえ 打勝うちかっ つめ 背丈せいたけ あせ 仰向あおむき やけ ごく しげる くら むな とど はじ いで なまめ まっと ぱち すえ しまり むこう 締切しめきっ おのれ 最早もは あけ けん すぎ ざい かえっ つら ひっ はず くれ そも かい のの ぜん こまか くわだ しょう とら ない こまや えき 如何いかが せん しょう 紅葉こうよう おも わき くう がわ 誘拐ゆうかい すくな 請合うけあい 過失かしつ たが めい ちょう きま 呼鈴ベル 小倉おぐら かし たくみ