“愛想”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
あいそ82.0%
あいそう12.8%
あいさう5.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「あれは變りもので、旦那衆のやうな心持でゐたんです。酒の酌や、御馳走の世話や、お客樣への愛想の出來る人ではございません」
坂を下り切つて、油屋の前から右へつたところで、小學校でちよつと教はつたことのある山下といふ愛想のよい先生にゆきあつた。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
仕事屋のお今年より此裏へとしてなれど物事氣才きて長屋中への交際もよく、大屋なれば傘屋へは殊更愛想
わかれ道 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)