わかれ道わかれみち
お京さん居ますかと窓の戸の外に來て、こと/\と羽目を敲く音のするに、誰れだえ、もう寢て仕舞つたから明日來てお呉れと嘘を言へば、寢たつて宜いやね、起きて明けてお呉んなさい、傘屋の吉だよ、己れだよと少し高く言へば、いやな子だね此樣な遲くに何を言 …
作品に特徴的な語句
やつ ちひ きか 老婆ひと うつ なり あげ ばゝ うま 常住じやうじゆう うへ さが ぴき まへ 身上しんじやう 口惜くちを おつ きつ 戯言じようだん 手前てめへ 不可いけない ものさし 父親おやぢ 何方いづかた かは いち いで より いそ とほ 矢張やつぱり 諦視まも 山椒さんしよ はう はふ しを あた をんな 中風ちゆうふう さはや 手懸てがゝ まは はん ちゞ びつこ おとゝ はり 一手いつて うしろ 一日いちにち 一枚ひとつ 微笑ほゝゑ こゝろ 老婆ばあ 大助おほだす 筋骨すぢぼね いそ 造作ざうさ 吉三きちざう せん 兄弟きやうだい 愛想あいさう たち 移轉ひつこし 同胞きやうだい ぱら いつも うち あり かちん さだ 仕舞しまひ さぶ 隻眼めつかち 交際つきあひ あて つむり 主人しゆじん
題名が同じ作品
わかれ道 (新字旧仮名)樋口一葉 (著)
わかれ道 (旧字旧仮名)樋口一葉 (著)