藤村詩抄とうそんししょう島崎藤村自選しまざきとうそんじせん
若菜集、一葉舟、夏草、落梅集の四卷をまとめて合本の詩集をつくりし時に 遂に、新しき詩歌の時は來りぬ。 そはうつくしき曙のごとくなりき。あるものは古の預言者の如く叫び、あるものは西の詩人のごとくに呼ばゝり、いづれも明光と新聲と空想とに醉へるが …
作品に特徴的な語句
むかし いに にくみ すゞ いまし みそら たはれ かをり たはふ をはり ぢゞ はや 塵埃あくた うるは とゞま こゝろ かなしみ たゞよ ちりば 寂寞さびしさ うま にほひ 柔和やはらか おも 祕密ひめごと ひら むかし すゞ よろひ うへ 白雨ゆふだち あけ 憔悴うらがれ しほ 海藻あまも 海草うみぐさ あや まよひ 疾風はやかぜ ばゞ しぼ あくた ゆる 色彩いろあや くれなゐ そら うれひ いくさ 襤褸つゞれ 一羽ひとは いこ つま 血潮のり なげき おもひ 薄紅うすくれなゐ しる ひゞき 印象かたち 荒魂あらだま 花瓶はながめ やな がひ むな いへ せう けぶ うる 火焔ほのほ 小休をやみ きた えにし 小竹をだけ 漂蕩たゞよは 嫉妬ねたみ たまき 海潮うみじほ 耀かゞや 洪水おほみづ 高潮たかしほ なれ 帝王すめらぎ たのしみ しづ しろかね かうべ たかぶ あや 御堂みだう 野路のぢ あめ