“經”のいろいろな読み方と例文
新字:
読み方割合
44.8%
30.4%
10.4%
きやう7.2%
たつ1.6%
たて1.6%
たていと0.8%
きよう0.8%
けい0.8%
けう0.8%
たゝ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
暫くつてから、當時の高等中學校に居た友人が來て、お前の書く文章は教科書中にあるエメルソンの文に似て居るぞと云つたので
神秘的半獣主義 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
ことしは芳之助もはや廿歳一兩年たるとよびばるゝぞとへばしさにをどりて友達ごともかしく
別れ霜 (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
抑〻超人の事たるこれを言葉にはし難し、是故に恩惠によりてこれがべき者この例をもてれりとすべし 七〇—七二
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
道端に坐つて、朝から晩までおを讀んで居たのが、何か食ひ物でも惡かつたか、今日の晝頃のた打ち廻つて死んで了つたさうです。
半年ばかり何者とも知れず、いて石をたものがある。子は手掛がないのでふことも出來ず其まゝにして二三日た。
石清虚 (旧字旧仮名) / 国木田独歩(著)
これら凡百の話題をにして、話好の伯母さんは自身四十九年間の一切の記憶の絲をに入れる。
葬列 (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
かの聖なる魂し、を張りてわが渡したる織物にを入れ終りしことをあらはせる時 一〇〇—一〇二
神曲:03 天堂 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)
さういふ古墳からはませんけれども、經塚といつて、おなどをめた時代からよく發見されます。
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)
〔譯〕を讀むは、宜しく我れの心を以て經の心を讀み、經の心を以て我の心をすべし。然らずして徒爾訓詁講明するのみならば、便ち是れ終身て讀まざるなり。
貸金たて、への見廻り、法用のあれこれ、幾日説教日めもあり帳面くるやらよむやらくては身體のつゞきしと夕暮れの縁先むしろをかせ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
料理してり食せけるに不思議や條七は五十日ぬに癩病の如く顏色も變り人交際も出來ぬやうに成ければおは仕濟したりと打び條七に打ひお前は入聟の身斯る業病になりては先祖ず早く實家へ歸りよとつれなくも言ければ條七も詮方なく前世の業と斷念るより外なしと女房娘を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)