“看經”のいろいろな読み方と例文
新字:看経
読み方割合
かんきん71.4%
おつとめ14.3%
かんぎん14.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
又も飛付女の一らぬ遣らじとひける中茶屋の撞乎踏拔り合てみける此物本坊へ聞えしにや何事ならんと看經僧侶達下男諸共十六七人手に/\
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
朝夕の寺僕の「看經」が、壁を傳うて響いた。晝は晝で深い沈默が在つた。街の音響はそこの檜葉の植込に吸はれて、此方へは入つて來ないやうに思はれた。
受験生の手記 (旧字旧仮名) / 久米正雄(著)
看經の、、秋の聲、歡樂と
有明集 (旧字旧仮名) / 蒲原有明(著)