有明集ありあけしゅう
この歌のひと卷を亡き父の み靈の前にささぐ。 智慧の相者は我を見て今日し語らく、 汝が眉目ぞこは兆惡しく日曇る、 心弱くも人を戀ふおもひの空の 雲、疾風、襲はぬさきに遁れよと。 噫遁れよと、嫋やげる君がほとりを、 緑牧、草野の原のうねりより …
作品に特徴的な語句
おも すが みまし とづ 便たづ いのち くる ひたへ いまし ねぶり みち うなづ ほほ しやう めくるめ はて 何方いづち めくる わかれ うは をはり はて あだ 微笑ほほゑみ あり せい みづから あざ サンタ たを 穹窿アアチ じやく うら うづも たた じほ かた にば めざ ちさ めぐ かうべ 虚妄こまう かう あかし うつ 私語ささめき あめ 瘧病ぎやくへい 啓示みさとし たひ さが にほひ あだ うま 眇目めうもく あだ 本性ほんじやう いづ しよく かひ ばへ 永劫とことは やは には 尾羽をばね おそろ あやふ おのづか ゑみ さや おほい とどま おそろ たて ほくら 憧憬あくがれ みやう さや めつ 不祥ふじやう かげり 陽炎かぎろひ しやう