“けう”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ケウ
語句割合
稀有69.2%
希有17.4%
2.1%
1.5%
1.0%
0.5%
0.5%
0.5%
今日0.5%
仮有0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
奇有0.5%
0.5%
怪有0.5%
0.5%
毛受0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
0.5%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おれは精勤であることだけは守ったから依然として八時半には出社したが、しばしば社長室からあの稀有な声音のもれるのを聞いた。
陽気な客 (新字新仮名) / 山本周五郎(著)
ひそかに郵便に附しても善からむに、かく気をかねて希有なる振舞したまふを見れば、この姫こころ狂ひたるにはあらずやとおもはれぬ。
文づかひ (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
水兵澤山御馳走へてつてだから、以前にヒヨツコリとつてはい、し/\。
美尾東京住居うく、はした朝夕るにきたれば、一つはお前樣がたの世話をもくべき、つね/″\御懇命うけましたる軍人樣の、西御榮轉ありて
われから (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
へえー……を。長「松花堂の三醋吸で、風袋文字紫印金だ、よく見てえて置け。弥「へえー紫色のいんきんだえ、あれはくつていけねえもんだ。 ...
にゆう (新字旧仮名) / 三遊亭円朝(著)
馬車をりると折好く蒸汽が来た。初夏のセエヌ河の明るい水の上を青嵐に吹かれて巴里つた。アレキサンダア三世の側から陸につて橋詰で自動車に乗つた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
がヹネチヤに四百以上もある橋の中で第一に古くて名高いリアルトであつた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
れたる棋士中やして如何に? どんな勝負事も後に生問題附けるとなれば一そう尖鋭化してくる事は明かだが
だが、無に「なアにの方が……」とつてゐる事は、それが將棋をたしなむ者ので御多分にれざる所。
東京のさる專門學校の生である草野金太郎は、春みで故の町に省してゐたが、春みも終つたので、あと二時間もするとまた一人で東京にたつのである。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
仕方がないので故に對して惜別の感慨にふけるといつたやうな目的で自轉車をひつぱり出した。
坂道 (旧字旧仮名) / 新美南吉(著)
早や日数経て、今日の日も
哀詩数篇 (新字旧仮名) / 漢那浪笛(著)
仏教では、存在しているものを「」といっていますが、すべて「仮有」です。「暫有」です。とにかく、永遠なる存在、つねにある「常有の存在」ではありません。
般若心経講義 (新字新仮名) / 高神覚昇(著)
發行部數の多い婦人雜誌や投書家相手の雜誌に寄稿しない爲めもあつたらうが、彼の筆名太郎は、十年間文壇に介在しながら、大多數の人には新しい印象を與へた。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)
んで大蘆村にれば櫻井郡長之より帰途かる、村をぐればいよ無人のとなり、利根河岸の絶壁に横はれる細逕に入る、むこと凡二里にしてき、猟夫の通路又見るを
利根水源探検紀行 (新字旧仮名) / 渡辺千吉郎(著)
改革家として敬宇先生は無論偉大なる人物にあらざるも、保守家としての敬宇先生は、少くも思想界の一偉人なり。旧世界と新世界とは、彼の中にありて、奇有なる調和を保つことを得たり。
眞暗になつて、墜道のやうに物淋しいを、武村兵曹即座じた球燈して、れ、じて、そ百四五十ヤードもむと、岩石れて、をなし
二種ゆるゆゑ如何程癲癇なりともたゞ一二服を服用すれば忽地全快なさんこと沸湯を注ぐに等き世にも怪有なる奇劑なるは是迄夥多の人に用ゐ屡々功驗
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)
こは山賊をせるなりき。ネピの人の此壁上に梟首するは、羅馬の人のアンジエロ門(ポルタ、デル、アンジエロ)の上に梟首するに殊ならず。首を鐵籠中に置くことはた同じ。
客は毛受けという地紙なりの小板を胸の所へげ、月代を剃ると、それを下で受けるという風で、今と反対に通りの方へ客は向いていた。
耀ひわたるらさに、退りて
白羊宮 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫薄田淳介(著)
所謂理想派と雖も、徒らに鏡花水月をのみ画く者ならんや、心中の事実、として明なる者を写すに過ぎざるのみ、然らば即ち是も亦写実派なり。
詩人論 (新字旧仮名) / 山路愛山(著)
貸金たて、への見廻り、法用のあれこれ、幾日説教日めもあり帳面くるやらよむやらくては身體のつゞきしと夕暮れの縁先むしろをかせ
たけくらべ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
わが乗れるにおくれて同行の馬来る外は高粱の畑