にゆう
昔浅草の駒形に半田屋長兵衛といふ茶器の鑑定家がございました。其頃諸侯方へ召され、長兵衛が此位の値打が有るといふ時は、直に其の代物を見ずに長兵衛が申しただけにお買上になつたと云ふし、此人は大人でございますから、大概な処から呼びに来ても頓と参り …
作品に特徴的な語句
わつち じゆ けう 此方これ ぢき なげ する のつ ぢう びやう しつ くひ かう いら おほ かこひ きたね 造作ざふさ 附着くつゝ でふ 当家たうけ まづ すき 彼方あつち ひら 穿はき おら けし かは しん まう すき ざい 先方せんぱう まへ こつ せい 乳母おんば るゐ はず はえ はう おほ 左様さやう をさ とほ かゝと 斯様かやう 南瓜たうなす ほめ 矢張やつぱり 半切はんぎれ あれ 此方こつち 尋常じんじやう 落着おちつき ごく めえ 刀剣たうけん きたな 無益むだ 男子をのこ みん 相成あひな ことわ 主人しゆじん つもり 素人しらうと ぱら 今日けふ 鑑定めきゝ 朋友ほういう 仰向あふむ ちつ 体躯なり をし なに ばう 何卒どうか おこ 先方むかう 苟且かり かゝ 頭髪あたま 葬式とむらひ たふ さだ をし あら 未熟みじゆく