“敗”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
45.9%
やぶ28.7%
はい5.7%
ひけ5.7%
おく3.3%
まけ3.3%
ぱい1.6%
いた0.8%
おくれ0.8%
0.8%
0.8%
まか0.8%
ハイ0.8%
ヤブ0.8%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
午後二時ごろ、お昼飯をたべに、麻布竜土軒へ行き、清子は井目をおいて、泡鳴と碁を二回かこんだが、二度とも清子がけた。
遠藤(岩野)清子 (新字新仮名) / 長谷川時雨(著)
れたる棋士中やして如何に? どんな勝負事も後に生問題附けるとなれば一そう尖鋭化してくる事は明かだが
景隆が大軍功無くして、退いて徳州に屯す。黄子澄を奏せざるをて、十二月に至ってって景隆に太子太師を加う。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
最初飼った「」は弱虫だったので、交尾期には他の強い犬に噛まれて、に血だらけになった。デカは強いので、滅多には取らぬ。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)
それにひきかえて、この治郎右衛門忠明は、早くも、老いのしを現し、きょうのようなれをとったこと、師弥五郎先生に対しても、なんのがあろうか。
宮本武蔵:07 二天の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
或る日城外の調練場で武芸を試みようと云ふことになつて、備前組と備中組とが分かれて技をべた。るに撃剣の上手は備中組に多かつたので、備前組がを取つた。
津下四郎左衛門 (新字旧仮名) / 森鴎外(著)
牛久保の塁も一にまみれ、織田軍もまた、伊勢京師などの不慮を恐れて、いまだに一兵の来援もなく、所詮
新書太閤記:05 第五分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「へええ。そうかね。なるほどそういわれるとどこかで見たような気もするが、しかし昔のものはやっぱり丈夫なんだね。ちっともんでいないじゃないか」
道草 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
当て落されたのは、間柄助次郎といって、鳥越に道場を出している男、さまで、劣っていない身が、一瞬でを取ったのを見ると、平馬も、今更、警戒せざるを得ない。
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
座敷のすみには夜をふかして楽しんだらしい酒肴の残りがえたようにかためて置いてあった。例のシナだけはちゃんとがおりて床の間のすみに片づけられていた。
或る女:2(後編) (新字新仮名) / 有島武郎(著)
それから一座の友達どもも決してけは取らないで、どっと閧の声を上げて笑い崩れた。
(活字になると、何だか自分が書いたものぢやないやうな気がするな……何としてもこれが俺の二度目の小説なんだ、運命にはされたが、この収穫で悦びを得たいものだ。)
明るく・暗く (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
(——ミナレテム)
三国志:11 五丈原の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
他日、我レ是ヲ再ビラン。将来ノ風雲、未ダ云フニ早シ。唯ニ過日ノ御辺ガ温情ノ一片ヲ謝シ、愈〻御弓ノ誉レヲ祈ル
新書太閤記:10 第十分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)