“まか”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:マカ
語句割合
33.0%
30.6%
22.9%
摩訶3.6%
退2.0%
1.2%
1.2%
1.0%
0.6%
0.6%
0.4%
目勝0.4%
目翳0.4%
0.2%
0.2%
0.2%
摩珂0.2%
0.2%
0.2%
0.2%
真赤0.2%
0.2%
0.2%
麻迦0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
こんな深刻味のあるものを一女性の繊手せて夫子自らは別の境地に収まっている。鴎外はなぜそんな態度を取っているのだろう。
(予美と申すは地下の根底にありて、根の国、底の国とも申して、はなはだきたなくしき国にて、死せる人のり往くところなり)
通俗講義 霊魂不滅論 (新字新仮名) / 井上円了(著)
それゆえ誰かそれをどうにか出来る者にさなければならなかったからであるし、私の財政に関しては、収税請負人は富裕であって
その一見、平々凡々な、何んでもない出来事の連続のように見える彼女の虚構の裡面に脈動している摩訶不思議な少女の心理作用の恐しさ。
少女地獄 (新字新仮名) / 夢野久作(著)
滿座の人々感に堪へざるはなく、中宮よりは殊に女房を使に纏頭御衣を懸けられければ、二人は面目身に餘りて退り出でぬ。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)
既に如此くなれば、怪はよ怪に、は夢中に見たりし着々活現しりて、飽くまで我をさざればまざらんと為るにあらずや、と彼は胸安からずも足にせて
金色夜叉 (新字旧仮名) / 尾崎紅葉(著)
しくツて/\、雀躍をするやうなどりで、「やつちあつたい。おう、つた、つた、わつしよい/\。」
山の手小景 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
と云って大笑されましたので、流石老練の塚江事務官もれたまま引退ったものだそうです
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
「もう、金はそこにあるだけだ——それで今月中をなつて呉れないと困るよ。」
泡鳴五部作:01 発展 (旧字旧仮名) / 岩野泡鳴(著)
声を放つて漁夫の詞を誦して、素髪風にせて揚げ遠心雲と与に遊ぶといふに至つて、立つて舞はんと欲しぬ。
鼠頭魚釣り (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)
先の連合に嫁いたのだって、傍の者や、向うがヤイヤイ言ってくるし、そこへもってきて、自分は、もう、あんな女房を取るとすぐ女房にれて、妹をにするような
雪の日 (新字新仮名) / 近松秋江(著)
国王これをい眼を開きて相面せよといいしに、わが眼睛耀て、君輩当りがたしと答え、国史に猿田彦大神、眼八咫鏡のごとくにして、赤酸漿ほどく、八百万神、皆目勝ちて相問うを得ずとある。
あな遠し遠き山脈、あな高し高き山脈、立ちとまり見れども消えず、目ふたぎて傷めど尽きず、目翳げして遥けみ見れば、いや寂し薄きの虹、また見ればさらに彼方に、いや高き連山の雪
観相の秋 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
ては半燒酎んでひにつて、それをみながら大氣焔く。留守居女中れながら、れてす。菓子す。
また、将来のお計りも、すべて、おしあって、万まちがいないでしょう。……不肖か学び得てお役に立ちそうなことは、今日までに、ほとんど申しあげて、くご会得もあることと存じまする。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
成ス/世情皆粉飾/哀楽一真無シ/只此ノ酔郷ノ内ニ/遠ク古ノ人ヲ求ム/小児ハ李太白/大児ハ劉伯倫/世ヲ隔テテ同飲ニセ/我酔ヒテ吾ガ貧ヲ忘レン〕
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
不思議に思ってのっそり歩みよりながら、よくよく見めると、無理ない。まことに天地自然玄妙摩珂不思議、畜生ながら奴等もまた生き物であって見れば甚だ無理がないのです。
侍童 御方うとてってわせられました。くへれてゐいとせられましたゆゑ、はさやうしました。
(活字になると、何だか自分が書いたものぢやないやうな気がするな……何としてもこれが俺の二度目の小説なんだ、運命にはされたが、この収穫で悦びを得たいものだ。)
明るく・暗く (新字旧仮名) / 牧野信一(著)
辛未、皇太子、使をして飢者を視しむ。使者り来て曰く、飢者既にりぬ。に皇太子を悲しみ、則ちりて以て当処めしむ。む。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
真赤んだのも稀につて居て其度に日本の秋を想はせた。
巴里より (新字旧仮名) / 与謝野寛与謝野晶子(著)
燕王精騎を率いて左翼をく。左翼動かずして入る能わず。転じて中堅をく。庸陣を開いて王の入るにせ、急に閉じて厚く之を囲む。
運命 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
天之を生みて、天之をす、一に天にさんのみ、吾れ何ぞ畏れん。吾が性は即ち天なり、躯殼は則ち天をむるの室なり。精氣の物と爲るや、天此の室にす。遊魂を爲すや、天此の室をる。
内容、外観共に、古今に見る麻迦不思議な存在だ。
山羊髯編輯長 (新字新仮名) / 夢野久作(著)