“面目”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めんぼく66.4%
めんもく30.7%
きまり1.5%
ねんもく0.7%
スタイル0.7%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
面目があると云うんだがね、どうだろう、近々の内水島君は博士論文でも呈出して、博士の学位を受けるような運びには行くまいか。
吾輩は猫である (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
また床次君のやうに自分が偉人らしい言草も気に喰はぬ、不肖ながら朝夕南洲翁にいてゐたから、翁の面目はよく知つてゐるが
「無官の太夫じゃない、水芸の太夫さ。あんまり聞いておくれでないよ、面目が悪いからさ」
義血侠血 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
応接掛りは不断の真裸体に似ず、袴羽織にチャント脇差して緩急剛柔、ツマリ学医の面目云々にして剛情な理屈を云うから、サア先方の医者も仕舞い、そこであやまりだと云う。
福翁自伝:02 福翁自伝 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)
それは屹度何かでつくつたモデルに違ひないよ、さうでないにしても——いや僕にだつて自分の身に合せて仕立てられたものなら、ちつたア此処で armoured warrior の面目
籔のほとり (新字旧仮名) / 牧野信一(著)