“面目玉”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
めんぼくだま75.0%
めんもくだま25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
と、挨拶したり、すぐ、ぼろの出る粗悪品を輸出したりして、大阪商人及び大阪人の面目玉を、踏潰した、野郎共は、他国の、奴にちがいない。
大阪を歩く (新字新仮名) / 直木三十五(著)
「後生だ兄き、そいつだけは、ゆるしてくれ。あんなにまで、道中禁酒の誓いを立ててきたのに、男としての面目玉もまるつぶれだ。悪くすると山寨を破門になるかもしれねえ」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
あんなのこそほんとに、面目玉を踏み潰されたとか噛み潰されたとかいうんだろう。それに比べりゃ役割、こちとらは災難が軽い方でござんすよ