“連山”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
れんざん71.4%
つらやま14.3%
やまつづき7.1%
やま/\7.1%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
越後の西北は大洋して高山なし。東南は連山巍々として越中上信奥羽の五か国にり、重岳高嶺べて十里をなすゆゑ大小のし。
目翳げして遥けみ見れば、いや寂し薄きの虹、また見ればさらに彼方に、いや高き連山の雪、いや遠き連山の雪、ひえびえと、つぎつぎと、続きつづきて耀きいでぬ。
南牧、北牧、相木、などの村々が散布して、金峯山、国師山、甲武信岳、三国山の高くえたを望むことも出来、又、甲州にった八つが岳の連山には
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
かくてたとへば群鶴の、一部はリフエの連山にむかひ、また一部は砂地にむかひ、氷を日を厭ひて飛ぶごとく 四三—四五
神曲:02 浄火 (旧字旧仮名) / アリギエリ・ダンテ(著)