“南牧”の読み方と例文
読み方割合
みなみまき100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
白楊などの類が、私達の歩いて行く河岸にい茂っていた。両岸には、南牧、北牧、相木などの村々を数えることが出来た。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
南牧、北牧、相木、などの村々が散布して、金峯山、国師山、甲武信岳、三国山の高くえたを望むことも出来、又、甲州にった八つが岳の連山には
藁草履 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
南牧北牧相木などの村々がちらばっていまして、金峯山国師甲武信三国山の高くそびえたかたちを望むこともでき、また、甲州にまたがったつがの山つづきには
力餅 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)