“三国山”の読み方と例文
読み方割合
みくにやま100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこから小手をかざしてみると、うッすらとした昼霞のあなたに、若狭三国山敦賀乗鞍北近江の山々などがにせっしてそびえている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
南牧北牧相木などの村々がちらばっていまして、金峯山国師甲武信三国山の高くそびえたかたちを望むこともでき、また、甲州にまたがったつがの山つづきには
力餅 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
牛首峠のあたりで夜営をあそばし、明日、三国山をこえ、菩提寺山興津峠などをすぎ、明後日の明け方あたり、鳥越城のうしろから、ふいにおかかり遊ばしたら、お味方の大勝利は
新書太閤記:11 第十一分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)