“北近江”の読み方と例文
読み方割合
きたおうみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そこから小手をかざしてみると、うッすらとした昼霞のあなたに、若狭三国山敦賀乗鞍北近江の山々などがにせっしてそびえている。
神州天馬侠 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「もとよりだろう。北近江六郡、あわせて三十九万石の本城支城が、そう将棋しに陥ちるはずはない」
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
藤吉郎秀吉は、北近江小谷の城から一小隊の部下と、小荷駄すこしをいて、きょう岐阜に着いた。
黒田如水 (新字新仮名) / 吉川英治(著)