“近江”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
おうみ82.5%
あふみ14.6%
おうみの1.0%
おおみ1.0%
アフミ1.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“近江”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語1.5%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)1.0%
文学 > 日本文学 > 詩歌0.9%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
尻餅しりもちついて驚くところを、狐憑きつねつきめ忌々いまいましい、と駄力だぢからばかりは近江おうみのおかね
五重塔 (新字新仮名) / 幸田露伴(著)
祖父が病を押して江戸からお国へ帰る途中、近江おうみ土山つちやまで客死せられたのは、文久ぶんきゅう元年のことでした。
鴎外の思い出 (新字新仮名) / 小金井喜美子(著)
近江あふみくに山越やまごしに、づるまでには、なか河内かはち芽峠めたうげ
雪の翼 (旧字旧仮名) / 泉鏡花(著)
この墓地はかちには、出雲のほかに、その女房子にようばうこと、親父おやぢ近江あふみ、兄弟など六十幾人かの墓が並んでゐる。
天智天皇に皇子がなかったので早く東宮となられ、近江おうみの朝廷のもとに、長い間大和の施政に尽力された練達の政治家であった。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
一首の意は、近江おおみ楽浪ささなみ比良ひら山を吹きおろして来る風が、湖水のうえに至ると、釣している漁夫の袖の翻るのが見える、という極く単純な内容であるが、張りある清潔音の連続で、ゆらぎの大きい点も人麿調を聯想せしめるし、人麿歌集出の歌だから、先ず人麿作と云っていいものであろう。
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)
近江アフミの都は離れ、飛鳥の都のフタタビ栄えたその頃、あやまちもあやまち。日のみ子に弓引くたくみ、恐しや、企てをなされると言ふウハサが、立ちました。
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)