少女地獄しょうじょじごく
白鷹秀麿兄足下 臼杵利平 小生は先般、丸の内倶楽部の庚戌会で、短時間拝眉の栄を得ましたもので、貴兄と御同様に九州帝国大学、耳鼻科出身の後輩であります。昨、昭和八年の六月初旬から、当横浜市の宮崎町に、臼杵耳鼻科のネオンサインを掲げておる者であ …
作品に特徴的な語句
おなご すく 洋傘コーモリ すくな 苛責いじ きな 塵埃ちり いっそ まい 方法かた かわり 妖怪おばけ どま いず ひと 平生いつ 憎悪にく 印形ハンコ もと すこ 連絡わたり かない ただ 苛責さい 容器いれ 偽装カモフラージュ たっと ちなみ 病院こちら 男女おとこおんな どい 末席びり 暴露さら 口紅ミスプリント 撒布まい 鼻梁はなすじ 不可いか 高価たけ 頂戴いただ 如何いかが 隙間すき おとしい 院内うち 誠実まごころ 記憶おぼえ 言伝ことづけ 何処いずく 芸妓げいこ 臥床がしょう 脈膊プルス 繻子じゅす まつ かむ 凝視みつめ みは 後部リーヤ 御探おさぐ 必定きっと 怪訝おか 煙管ぎせる 憧憬あこが あるい 呪詛のろ 呪咀のろ うけたま かか 理解わか ひと わたし 嫉妬やきもち 実家うち 家庭うち 平常いつも 広間ホール 彷徨ほうこう 後世こうせい いま 怨恨うらみ 悄然しょんぼり 愛人アミ あわただ なつ 打毀ぶちこわ 美味おい 背丈せい かん ほうむ