“まま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
69.3%
間々6.7%
6.2%
3.7%
自由3.0%
真間2.5%
随意2.3%
1.6%
0.9%
往々0.9%
0.5%
0.5%
乳母0.2%
一任0.2%
嚼母0.2%
継々0.2%
0.2%
間〻0.2%
養母0.2%
麻万0.2%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ところが一五九一年に父が歿くなったので、その家族を扶養しなくてはならなくなり、そのでは過ごすことができなくなったので
ガリレオ・ガリレイ (新字新仮名) / 石原純(著)
小説なんかで見ると、動いたりすることも間々あるらしい、などと思うと、蟹江はじっと辛抱できないような気持になってきます。
Sの背中 (新字新仮名) / 梅崎春生(著)
お江野には五つになる京之助という子がありますが、お江野と吉弥の間は、世にしい仲でありながら何の隔たりもありません。
「おばあさん、早よ豚にやりいの、豚がぐうぐういいよるがい。早よくれ、早よ飯くれ、いいよるがい。」
大根の葉 (新字新仮名) / 壺井栄(著)
さりとてこの人猿に自由にもなれず、進退きわまって立ちすくんでいると、その弥生のようすを承諾の意ととったものか、つかつかとかえってきた豆太郎
丹下左膳:01 乾雲坤竜の巻 (新字新仮名) / 林不忘(著)
お粂は、真間の紅葉の日に、初めて金吾を見かけた時からの思いが漸く満たされてくる気がしてニッとその側を離れて立つ。
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
「そういう手前こそ何者じゃ! 厳寒であろうと深夜であろうと、用事あればどこへ参ろうと随意じゃ! 他人を咎めるに先立って自ら身分をらっしゃい!」
紅白縮緬組 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
亦吟諷して長謡、短草、楚詞、唐律を為り、風月煙雨の態度に酬答す。蓋し独り身目を娯み、暇日を遣るのみにあらず。
小国寡民 (新字旧仮名) / 河上肇(著)
ところが畜生に、国を遣っても仕方がないから智馬を施主として大いに施行し、七日の間人民どもの欲しい物を好みのに与うべしと勅諚無遮大会を催した。
彼は夢中になって友を探した、けれども彼にるものは一人もなかった。往々無いでもなかったが一人も彼に満足を与える者はなかった、すなわち彼の胸中を聴いてくれる人はなかった。
愛か (新字新仮名) / 李光洙(著)
鉄筋の 固さは死んだなりき
鶴彬全川柳 (新字旧仮名) / 鶴彬(著)
然れどもを別たずして、倶に天皇のに、相けてふること無からむ。し今より以後の如くならずば、身命び、子孫絶えむ。忘れじたじ。
大和古寺風物誌 (新字新仮名) / 亀井勝一郎(著)
死んだ乳母が遺言したこともあるからね、つまらない私だけれど一生あなたの世話をしたいと思っていた。
源氏物語:15 蓬生 (新字新仮名) / 紫式部(著)
乳母が申し上げましたことはむろんでございますが、そのほかにもごいっしょに長い間苦労をしてまいりましたのに、思いがけない縁に引かれて、しかも遠方へまで行ってしまいますとは」
源氏物語:15 蓬生 (新字新仮名) / 紫式部(著)
「乞詩人聚小梅傍。潤筆有贏銭満嚢。一任故人誇厚禄。我家春色未淒涼。」〔詩ヲ乞ヒテ人小梅ノ傍ニ聚マリ/潤筆リ有リテ銭嚢ニ満ツ/一任ヨ故人ノ厚禄ヲ誇ル/我ガ家春色未ダ淒涼ナラズ〕枕山の声名は年と共にいよいよ顕われ門人も次第に多くなって
下谷叢話 (新字新仮名) / 永井荷風(著)
多くのを、絶えては考え継ぐ如く、語り進んでは途切れ勝ちに、呪々しく、くねくねしく、独り語りする語部や、乳母や、嚼母たちの唱えるが、今更めいて、寂しく胸にって来る。
死者の書 (新字新仮名) / 折口信夫(著)
ただわたくしが継々しい仲だものですから、妙に邪推されはしないかと、それだけがうございますわ。ですから、わたくしの立場としましても、一日も早く三千子の安否が知りたいのでございます。
一寸法師 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
リリーを一本吸うたら目が𢌞つて來ましたつけ、と何日か古山の云うたのは、蓋し實際であらう。斯くの如くして、自分は常に職員室の異分子である。ツ子である、平和の攪亂者と目されて居る。
雲は天才である (旧字旧仮名) / 石川啄木(著)
福岡日日新聞の主筆猪股為治君は予が親戚郷人である。予が九州に来てから、主筆はわざわざ我旅寓われたので、予は共に世事を談じ、また間〻文学の事に及んだこともあった。
鴎外漁史とは誰ぞ (新字新仮名) / 森鴎外(著)
左次郎は何にもげられずに、好きな事を考えていられた。もし養母のお咲が江戸にいたって、裕福である気遣いはなし、仲間の一平と往来で出会っても、討つ力がないことは、自分にも分っている。
醤油仏 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
『万葉集』の勝鹿真間の入江、または麻万の浦は果して今の東葛飾郡市川市大字真間であろうか。
地名の研究 (新字新仮名) / 柳田国男(著)