鶴彬全川柳つるあきらぜんせんりゅう
(高松)喜多一児 静な夜口笛の消え去る淋しさ 燐寸の棒の燃焼にも似た生命 皺に宿る淋しい影よ母よ 秋日和砂弄んでる純な瞳 思ひ切り笑ひたくなった我 無駄な祈りと思ひつゝ祈る心 運命を怨んで見るも浅猿しさ 其の侭に流れんことを願ふ我 日章旗ベ …
作品に特徴的な語句
はん ゆら いけ 少女せうぢょ とか うっ ぶつ しづみ 出会であひ ゆゐ いき せい いひ きほ 女将ぢょしょう シカバネ たなぞこ けし ささ とけ つぶ やひば だき まけ ある 無明むめい さめ まず 悠然ゆっくり をしへ とま めい 鉄鎖てつくさり しき とん なっ 日暦カレンダ むな こえ 雪片ゆきくれ とば だけ あり しに こは もぐ くたび 破片かけ 確乎しっかり くう えみ くれない のが 舞踏ぶたふ おち かひ せん たましひ うを さき 夕陽ゆふひ 尺蠖しゃくとり 微笑ほほえみ めぐみ なる ばち 故郷くに 村落むら 果敢はかな なき つま きれ かぶと みな しら しん たち えん 耶蘇やそ 蟋蟀こほろぎ かど ばか だれ 鉄筋コンクリート 銅貨どうくわ ひたひ 高屋かうおく たけ