“銅貨”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
どうか66.7%
どうくわ27.8%
ドンペ5.6%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ちゃんは、どうしようかとえましたが、とうとう、財布っぽにして、大事な一銅貨をやってしまいました。そのとき
一銭銅貨 (新字新仮名) / 小川未明(著)
佐賀錦紙入から、の、ざく/\と銅貨まじりをつた、岡田夫人八千代さんの紙包みの、こなしのきれいさをでもえてる。
九九九会小記 (旧字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
とぼしい財布の中には支那銅貨が一ツ
清貧の書 (新字新仮名) / 林芙美子(著)