“銭銅貨”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
せんどうか100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銭銅貨”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
あっと思うと僕は梅組の教室の中にいました。僕の組は松組なのに、どうして梅組にはいりこんだか分りません。飯本いいもと先生が一銭銅貨せんどうかを一枚皆に見せていらっしゃいました。
僕の帽子のお話 (新字新仮名) / 有島武郎(著)