“銭金”の読み方と例文
旧字:錢金
読み方(ふりがな)割合
ぜにかね100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“銭金”を含む作品のジャンル比率
文学 > フランス文学 > 小説 物語(児童)7.7%
文学 > 日本文学 > 箴言 アフォリズム 寸言7.1%
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸6.5%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
舁「何を云うんだ、おらッちは銭金ぜにかねを貰おうと云うんじゃアねえ、てめッちが担ぐというから担げというのだ」
「御当家の御親類のお娘子むすめごをお連れ申しただけのことで、それを強請ゆすりかなんぞのように銭金ぜにかねで追っ払いなぞは恐れ入ります」